1. トップ
  2. about

cWikiについて†部分編集

cWikiは無料Wikiです†部分編集

誰でもwikiを作れる、使える。お金を払わなくても作れる、使える。そういうwikiサイトの1つです。


[+] もちろん例外もあります

サーバの負荷対策及び迷惑行為の防止のためwiki作成に制限を設け同じ人が2個3個……と連続でwiki作成を行えないように制限をかけたり、いわゆるスパム利用の防止のため国外のネットワークからは閲覧のみ可能としていたり、迷惑行為を行った方についてアクセス制限を施したり、投票ツールの設置の仕方によって投票できる人を制限したり、など様々な制限があります。
しかし、原則はあくまで誰でも作れる、誰でも使える、です。
なおいずれもあくまで原則です。たとえば国外からの利用を希望される方は、お使いのネットワークをある程度明確にできるならば、依頼によって国外であってもそのネットワークからのみは書き込みを可能にする、など柔軟な対応も可能です。


できるだけ軽く速く†部分編集

根幹にキャッシュ一度処理したものをためておいて使いまわすことで次回以降の処理を省く仕組みです機構を組み込んでありますので、wikiの数、ページ(記事)の数が増えてもそれなりに軽快に利用できます。
またサーバ側の負荷だけでなく利用者側の負荷についてもページ表示がなるべく軽く速くなるように気をつけています。


コミュニケーション性を重視しています†部分編集

cWikiでは「情報を集める場所」としての役割と同じくらいに「コミュニケーションの場所」としての役割を重視しています。
ページの内容について質問したり、編集内容を相談したり、逆に会話から新しいものを作り出したり。
このため、コメント機能・投票機能を強化したり編集者の名前や編集メモを記録できるようにするなどコミュニケーションをよりしやすくするために改善を重ねています。


安全に†部分編集

cWikiでは、暗号化しない通常のHTTP通信、暗号化されたHTTPS通信のどちらも使えるようにしています。
アドレス欄のhttpをhttpsに変えれば暗号化通信に、逆にすれば通常の通信になります。
基本的には暗号化されたHTTPS通信の利用をおすすめします。お使いのPC・モバイル端末や環境によって暗号化されたHTTPS通信がうまくいかない場合は通常のHTTP通信をお使い下さい。

このページのタグ一覧 タグ編集 タグ検索
登録済みタグはありません