1. トップ
  2. 使い方
  3. ページ編集

ページ編集機能†部分編集

cWikiの基本要素の2つのうち1つ、ページを作成、編集、あるいは削除を行うための機能です。
ここではページ編集画面そのものやページ編集関連機能を扱います。wiki基本構文・プラグイン等の使い方については こちら>書き方 へ。


ページ名†部分編集

wiki内のすべてのページは、ページ名を基準に区別され、整理されます。
ページ名が変わればURLも変わります。編集履歴もページ名を単位に蓄積されます。ページ名が統一されていない場合 #navi プラグインや #ls プラグインは期待したとおりに動いてくれないかもしれません。うかつにページ名を変更すると他のページのリンクを全て確認して書き換え、さらにコメントページ名も直接指定に書き換えないといけなくなるかもしれません。
できる限りwiki全体のおおよそのイメージ図を描いたうえで個々のページ名を決めていくことをおすすめします。


ページ名として使用できる文字†部分編集

HTML文法に、あるいはwiki構文に用いられるたいていの半角記号文字はページ名には使用できません。
/(スラッシュ)は後述の通り階層構造の区切り文字として例外的に使用できます。
またページ名の先頭および末尾には半角スペースを使用できません。

ページ名の長さについては今のところ特に制限はありません。


ページ名と階層(階層構造)†部分編集

ページ名において /(スラッシュ)は階層構造の区切り文字として扱われます。
階層構造は「フォルダ」「ディレクトリ」と言い換えた方が通りが良いかもしれません。

ページ名の階層構造はさまざまなところで判定され特別な処理がなされます。
たとえばページタイトルのすぐ下のパンくずリストは階層構造を元にページの位置を把握し、上位のページがあればこれをひとつずつリンクとして表示します。
#navi プラグインや #ls プラグインは階層構造を元にページ一覧を構成し、リンクを表示したりページを列挙したりします。
メニューの中の「下位ページ」はこのためにあるのです。

タグ機能 によって補完できるところもあるとはいえ、やはりページ名による階層構造は重要です。
見た目にもページの所属や系統がわかりやすくなるため、使えるところでは便利に使っていきましょう。


基本機能†部分編集

ページの編集†部分編集

基本的な使い方は、内容を書いて、「ページの更新」ボタンにより内容を保存する、これだけです。


プレビュー確認†部分編集

現在の内容で更新したらどう表示されるか、をあらかじめ確認できます。
いくらプレビュー確認ボタンで確認してもページは更新されず何の記録も残りません。
一部の機能は正常に働かない場合があります。たとえば新しくページを作っている途中でまだページが存在していない場合、自身のページへのリンク構文はページ不存在を示す赤文字になります。たとえば#naviプラグインは現存するページのリストを元にナビゲーションバーを生成するため新規作成ページのプレビュー時は適切に機能しません。


編集をやめる†部分編集

「編集をやめる」ボタンを押すと編集状況を破棄し、編集中のページが存在する場合はそのページに、そうでない場合はトップページに自動で移動します。
この際、入力中のページ内容は完全に破棄されてしまいます。必要ならコピーしメモ帳に貼り付ける等で別途保存しておいてください。


ページの更新†部分編集

現在の内容でページを更新します。
新規作成のページであった場合は新しくページが作成されます。
内容が空白であった場合、ページの削除を行ったのと同様になります。新規作成中のページで空白の内容で「ページの更新」を行った場合、「編集をやめる」ボタンを押したのと同様になります。

ページの更新を行ったときは、更新者の情報とともに更新内容が記録されます。
更新履歴機能の詳細は こちら>使い方/ページ編集履歴 へ。
また 簡易ログ にも更新内容が記録され、 アクションプラグイン edittlog にて確認できるようになります。

ページの更新時には、ページ内容の書き換え、キャッシュの削除・再生成、ページリストの更新、更新履歴の記録、検索データベースの更新など多くの処理が同時に実行されます。このため、細かい更新を立て続けに何回も行うより、ある程度まとめてページの更新を行うことを強くおすすめします


ページの削除†部分編集

「ページの削除」ボタンを押すと内容を破棄しページそのものを削除します。
ページ内容が空白でなかった場合は確認画面に移動し、そうでなかった場合は即座に削除が行われます。

ページの削除時には、ページの更新履歴のほか、ページ削除履歴が別途記録されます。削除履歴は RecentDeletes ページにて確認可能できます。


ページ編集画面の各項目†部分編集

テンプレート†部分編集

詳細は こちら>使い方/テンプレート へ。


ページのサブタイトル†部分編集

通常はページ名がそのままページのタイトルとなりますが、サブタイトルとして空白以外を別途指定しておくと、このサブタイトルがページのタイトルと共に表示されるようになります。
ページ名の読み仮名、ページ名の別名、さらにはジョークなど目的と必要性に応じて使いましょう。


編集者名†部分編集

編集者名を入力しておくと、編集履歴等にこの編集者名が併記されます。
編集メモと同様に必要に応じて使いましょう。
編集者名はコメントフォームの名前欄と同様に固有IDを使用できます。


編集メモ†部分編集

編集メモを入力しておくと、編集履歴等にこの編集者メモが併記されます。
編集の目的、概要などを一言でまとめておくと他の人が編集履歴を確認したときに状況を把握しやすくなります。


入力アシスタント†部分編集

wiki基本構文・プラグイン構文の入力補助機能です。
各構文の一覧表示・詳細説明へのショートカット・入力欄末尾への雛形の挿入と、構文に使用される特殊文字の数値文字参照への変換を行えます。また、ピンク色の部分をクリック/タッチすることで入力アシスタントの半分を表示したまま固定できます。

入力アシスタント機能はJavaScriptを使用しています。


部分編集機能†部分編集

一度作成されたページには、見出しごとに「部分編集」のためのリンクが生成されます。部分編集は対象の見出しから次の見出しあるいはページの終端までのみを対象としてページ編集を行える機能です。

部分編集時には通常の編集時と違い「見出し名」「見出しID」が表示されます。また、同様に、ページ全体の編集ではないため、テンプレートは利用できず、「ページのサブタイトル」項目は表示されず変更できません。ページ全体の編集ではないため「ページの更新」「ページの削除」ボタンは表示されず、「この部分の更新」「この部分の削除」となります。
部分編集中はプレビュー表示は対象部分に対してのみ行われます。このため一部の場合、たとえば見出しをまたいで複数行プラグインが使用されている場合などはプレビューが期待通りに表示されない可能性があります。
部分編集の結果は対象の部分にのみ反映され、しかし編集履歴の記録は通常の編集と同様に行われます。部分編集時に「この部分の削除」を行った場合もページ全体でみれば一部分の編集にとどまるため、やはり編集履歴の記録は通常の編集と同様に行われます。


編集が他の人と重なったら†部分編集

「プレビュー確認」「ページの更新」「ページの削除」を行ったときはその都度 他の人による編集がなされていないかを自動的に確認し、もし他の人による編集がなされていた場合、その旨の警告が表示されます。
このとき、「ページの更新」「ページの削除」ボタンを押していたとしてもその処理は一旦中止されます。

他の人との編集が重なったときは、自分の編集内容は画面に残ったままです。
まずは落ち着いて、他の人の編集内容と自分の編集内容を統合できるかどうか確認したり、編集を行った他の人と会話するなどして、どちらかあるいは両方の編集が無駄にならないようにしましょう。確認なしに他の人の編集を無視して自分の編集内容で上書きしてしまうことは編集合戦のきっかけになる可能性があります。
確認を始める前に今の自分の編集内容をメモ帳等に退避しておくのも良いでしょう。


このページのタグ一覧 タグ編集 タグ検索
登録済みタグはありません