1. トップ
  2. ランドトランス・天然トランスのすすめ

あらかじめルール説明を見て理解しておくと、スムーズに読み進めるでしょう。


土地の売却の基本的な仕組み†部分編集

基本の流れは以下のとおりです。

  1. 土地を売るときは土地の価値で売却額が計算されます
  2. 土地の価値には連鎖数による倍率がかかり、かけ算で跳ね上がります
  3. なので、連鎖している土地に魔力を投資してすぐ売ると、連鎖倍率で増えた価値の分だけ、儲かります

これだけです。
魔力を使って土地のレベルを上げて(投資)いなくても、
連鎖しているだけで価値が高くなり、売却額も高くなります。


土地の売却のちょっと細かいこと†部分編集

売却額が計算されるタイミング
土地の売却をはじめた時点の土地の価値が基準になります。
このため敵高額地でおおきい額の通行料を取られたとき、安い土地から売っても高い土地から売っても同じです。
土地を売るときの手数料
土地を売却するときは、価値の 80パーセントが売却額になります。
残りの20パーセントはどこに消えたんですかね……。
投資するときの値引きサービス
土地に魔力を投資するときは、投資によって増える価値の80パーセントにあたる魔力で済みます。
これはカルドセプト リボルトからのルールで、以前は100パーセントそのままでした。
土地の価格の計算方法
土地の価値は、正確には (土地の基本価値+土地に投資した魔力÷0.8)×連鎖倍率 です。
詳しくはこちらへ 慣れれば結構暗算できます。
連鎖していなかったら?
連鎖していなければ連鎖倍率は1倍、価値が増えたりしません。
なので
「連鎖していない土地に投資して、すぐ売っても、儲けにも損にもならない」ことになります。
投資しないでその土地を売ったときと全く同じです。
CPUキャラクターが複属性土地などでよくやってしまう手ですが、実は無意味です。


まとめると†部分編集

要するに、これだけです。

  1. 「連鎖している価値の高い土地」を売って
  2. 連鎖倍率の分、あぶく銭を稼ごう

連鎖していなければ全く意味がない無駄行動です。
しかし連鎖していれば、たとえレベル2やレベル3であってもある程度の魔力を稼ぐことができます。


応用編†部分編集


スペル「ランドトランス」に応用してみる†部分編集

ランドトランスは、好きなタイミングで土地をひとつ売却できるスペルです。
発動に魔力100Gを消費すること、売却額が80パーセントではなく70パーセントになってしまう難点があります。
また、シャッターセフトレイオブロウメタモルフォシスの対象であり、クラウドギズモ秘術などでも壊されます。

このように欠点はいくつかありますが、もちろんメリットも多数あります。

  • スペルなので、土地を売った直後に別の土地に売って得た魔力を注ぎ込むことができます。
  • ドレインマジックレディビジョンが怖くありません。
  • 好きなタイミングを選べるためゲートに着く直前を狙って、売却&再投資&達成を狙うこともできます。
  • 天トラのように手持ち魔力を調整する必要もありません。
  • 天トラでも敵領地の通行料を支払う必要があるので、ランドトランスの消費魔力100Gは実はそこまで大きくありません。

「天トラ」に応用してみる†部分編集

手持ち魔力がマイナスになると・・・土地や宝石を売却して支払に充てさせられます。
この仕組みをうまく利用して、敵領地に止まったとき通行料を支払って手持ち魔力がマイナスになるように調整することで、
ランドトランスを使わずに土地を売却し、魔力を稼ぐことができます。

これが「天トラ」「土地転がし」などと呼ばれている技術です。
なお、手持ち魔力がマイナスになったとき、売却できる土地や宝石が一切なかったら魔力枯渇になります。

  • スペルを用意する必要がありません。
  • 手持ち魔力の調整には、自領地への投資のほか、
    自領地の(無意味な)属性変更スペル使用、
    無意味なクリーチャー召喚(侵略)&無意味なアイテム使用
    宝石の購入など様々な手段があります。
  • 天トラの直前に投資を行う場合は、たとえクリーチャーがゴブリンでもグーバでも平気です。
    すぐ売却してしまうのですから、優秀なクリーチャーがいる土地を選ぶ必要がありません。
    むしろ土地売却で消滅してしまっても良い、弱いクリーチャーを選ぶほうが良いでしょう。
  • ドレインマジックレディビジョンには注意しましょう。
    必要ならあらかじめシャッターメタモルフォシスで破壊しておいたり、バリアーミスティワールドを利用しましょう。

「天トラ」の由来†部分編集

「天トラ」とは、
「スペルを使わずランドトランスできる」ことからついた俗称「天然ラントラ」の略称です。

このページでは当初「天然トランス」という呼び名を用いてしまっていましたが、
コメントで指摘を受けて歴代wikiの用語集を確認したところ、全部「天然ラントラ」として登録されていました。
このため、ここに名称の説明追加を行い、
よく考えたら「天トラ」のほうが書きやすいので、ページ内の全ての「天然トランス」は「天トラ」に変更しました。
ページ名はごめんなさい許して下さい。


ランドトランス・天トラを対戦相手から奪った高額地に応用してみる†部分編集

対戦相手の土地を奪えても、自分が連鎖を組んでいる土地とは属性が異なっている、ということはよくあります。
こんなとき、ティアマトテュポーンでの侵略やアースシフトインフルエンスなどのスペルで属性を変更できれば
すぐに自領地の連鎖に組み込めるのですが、そうもいかないことも多々あります。

そんなときは、奪った土地をちょっとでも連鎖させてから、売ってみると良いかもしれません。

複属性の土地を奪った土地に合わせるだけで、100Gのコストで、奪った土地の価値が1.5倍になります。
奪った土地がレベル4やレベル5なら、複属性以外の普通の土地でも十分な稼ぎになるかもしれません。


天トラを宝石売買に応用してみる†部分編集

土地の売買ではないですが、宝石には「買えば即座に価値があがる」という特徴があります。

このため、例えば・・・ダイスを振ったときに以下の条件を満たす場合は、

  • 敵の領地に止まることができる。
  • 敵の領地に止まる前に宝石屋を通過する。

宝石屋で、自分の手持ち魔力が敵領地の通行料よりも少なくなるように、宝石を購入してみましょう。
意図的に魔力をマイナスにしてすぐに宝石を売却することで、天トラ同様に差額を得ることができます。

また、手持ち魔力が十分にあれば、以下のように応用することもできます。

  1. 宝石屋を通過しつつ敵の領地に止まるダイスが出る。
  2. 宝石屋で自分の領地と同じ属性の宝石を購入する。
  3. 敵の領地に止まり、自分の領地に投資する。
  4. 通行料支払で手持ち魔力がマイナスになる。
  5. 宝石(・土地)を売って差額を儲ける。

その他の応用編†部分編集

危ないときに売却で難を逃れる
コメントから案を頂きました。
強い侵略クリーチャーを横付け配置されたり防具を壊されたときに
稼ぐためではなく、危険回避のために売却してしまおうというもの。
先述の通り連鎖していなくても天トラなら損はしませんしランドトランスでも12.5パーセントの損失で済みます。
防魔防魔壁でリリーフファットボディが使えない、ダウンしていて交換できない、などのときも使える奥の手。


コメント†部分編集

全8件中 1-8番目のコメントを表示しています 最初の500件 前の500件 次の500件 最新の500件
[-]No: 1 2017/10/29 (日) 11:32:04 ID: mKvH68yF9e 編集

意外とこの辺のことが詳しく書かれてないので書いてみた

[-]No: 2 2017/10/29 (日) 11:36:23 ID: mKvH68yF9e 編集

メニューも変更。つーか売却時の20パーセントもなんだけど、連鎖で上がった価値の分の魔力を支払ってるのは誰なんですかね……

[-]No: 3 2017/10/29 (日) 14:43:26 ID: 6KFeLu93Bc 編集

これはわかりやすくていい記事。拠点に大型クリ横付けされた時の緊急回避でも使うよね天トラ。

[-]No: 4 2017/10/29 (日) 14:48:23 ID: YpDico4Ve1 編集

またごっついページが出来たなあ いつだか基礎的なことなのにまとめがないって話もあったし、いい編集だ。

[-]No: 5 2017/10/29 (日) 17:08:05 ID: bqPccy0w76 編集

天然トランスじゃなくて天然ラントラっていうのが一般的じゃないのかな?

[-]No: 6 2017/10/30 (月) 12:40:43 ID: HDNKVJnIZn 編集

お褒めに預かり恐悦。呼びかたと緊急回避の分を加筆修正しときました

[-]No: 7 2017/10/30 (月) 12:46:11 ID: HDNKVJnIZn 編集

ラントラ・天トラの収支一覧とか達成までのルートはさすがに要らないですかね?各自で計算して、実戦ですぐ暗算して把握できるようになってくれるのが理想的だし

[-]No: 8 2017/10/30 (月) 18:06:37 ID: N-24875cAe 編集

いい仕事してますねぇ。

入力アシスタント機能にはJavaScriptが必要です
 
オプション

このページのタグ一覧 タグ編集 タグ検索
登録済みタグはありません