1. トップ
  2. ダスクドウェラー

ダスクドウェラー†部分編集

属性 コスト レア度 ST MHP 配置制限 アイテム制限 効果
地属性 70 地 S 40 40 先制;敵破壊時、ST&MHP+10(各最大100)
日本語表記 ダスクドウェラー 英語表記 Dusk Dweller
カード概要 吸血鬼の暗殺者。闇の存在だが、依頼主のことは決して裏切らない。犠牲者の命を奪って、さらなる力を得る。
アドバイス 戦闘に勝つごとに性能が向上する。大事に育てれば、拠点防衛に、移動侵略に、いずれにも役立つ。
ブロック 救世の神都

概要†部分編集

犠牲者をモグモグ食べて証拠隠滅とパワーアップを図る吸血鬼アサシン。
過去作で地の敵撃破時ステータスアップを担当していたクリーチャーから、先制が付くようになったトウテツとも。

上昇値はMHP&ST+10と控えめだが、一人でも始末すれば先制+制限皆無の50/50という高スペックで各属性の竜に肩を並べられる。
また、この成長能力は安易な削り侵略への抑止力としても有効に働く。
…ただし、成長系クリーチャーの常として、手塩にかけて育てたところをターンウォールデビリティで無力化されたときのガッカリ感も一塩。
一か所に居座るキメラアーススピリットとは違い、呪い効果と侵略による積極的な強化が併存できないのは悩みどころ。

同じ地属性先制を持つガーゴイルとの差別化要素として、相手クリーチャーへ横付け状態になった際の対応力の違いが挙げられる。
成長能力を加味した侵略からの居座りや連続侵略を始め、防御側に回った際にも秘術によるST強化や被援護ガーゴイル以上の火力が出せる事もあるなど
より攻撃的な振る舞いが求められる時には、ダスクドウェラーの方が強みを生かしやすい。
一方で基本的なステータス、ST減少効果に対する耐性などの面ではガーゴイルに分があるため、目的に応じて適切に使い分けることが重要。

また、地の大型拠点候補クリーチャーと異なり、初期状態でシグルドナイトの干渉を回避しつつ後から成長可能な利点もある。
ステータスが可変である事の強みと弱みをしっかりと理解した上で臨機応変に運用したい。



[+] 元ネタ

ダスク(dusk)は「黄昏」「夕闇」を、ドウェラー(dweller)は「住むもの」を意味する英語。
日光を苦手とする吸血鬼を表したものと思われる。

コメント†部分編集

全54件中 1-30番目のコメントを表示しています 最初の500件 前の500件 次の500件 最新の500件
[-]No: 30 2016/06/24 (金) 08:11:34 ID: o_6dnV4s51 編集

トウテツさんは3DS以前は+10だったのだ・・・こいつアイテム制限もデメリットもなんもないんだよなあ

[-]No: 31 2016/06/29 (水) 18:59:44 ID: HuL70HTwk9 編集

攻めのウェラー守りのガーゴイル先制の風とはいったい・・・

[-]No: 32 2016/06/29 (水) 19:28:56 ID: RA3jS8Twjl 編集

ならアームドプリンセス援護防魔を地に返却してください。

[-]No: 33 2016/06/29 (水) 19:34:35 ID: guGSzbqOn0 編集

防魔は元々火属性の物だったろ

[-]No: 34 2016/07/13 (水) 09:11:37 ID: kISzSbfBhS 編集

うまく踏み侵略から配置できた時が強い

[-]No: 35 2016/07/16 (土) 07:15:03 ID: 6u8mmDAPrB 編集

ブーメラン持ってスレイプニルに乗る暗殺者

[-]No: 36 2016/07/19 (火) 15:57:52 ID: b5TAU5UiHf 編集

今作はその気になればコッコ船長で毎ラウンド侵略できるので結構強いな

[-]No: 37 2016/08/05 (金) 21:52:54 ID: 1jc0Pr9QHP 編集

ダスクド・ウェラーだと思ったらダスク・ドウェラーなのか

[-]No: 38 2016/08/13 (土) 13:32:27 ID: 4bcDLFk8J4 編集

と言うかこれカード名間違ってね。「duskdweller」を日本語で表記するなら「ダスクドゥエラー」になる筈なんだが。

[-]No: 39 2016/08/13 (土) 13:41:42 ID: l-DX8ga9fW 編集

きっとドイツ語的な読み方なんだよ(適当)

[-]No: 40 2016/08/13 (土) 14:42:21 ID: PuV-RdjfY9 編集

どっちが正しいかは読み上げ機能と自分の耳で確かめよう

[-]No: 46 2016/09/04 (日) 11:21:01 ID: lIyULfs3K5 編集

Dweller "ドウェラー" の検索結果517件 Dweller "ドゥエラー" の検索結果10800件  カイザーペンギンを無理矢理「大帝ペンギン」と訳したり、名前に関しては結構適当だよね。

[-]No: 47 2016/09/04 (日) 11:46:44 ID: pf1SCw_-TC 編集

Kaiserをというより大帝をカイザーとするかグレートとするかは意訳の方針次第、ドヴェラーという読みで書き表すかは発音と言語次第、カードの名前に関することというだけであまり関係ない。どちらも適当であるようには感じないが。
ダスクドヴェラーは吸血鬼関係のクリーチャーだが、同じく吸血鬼関係でDhampirと表記されるダンピールはドイツ語風の読み。ダスクドヴェラーもドイツ語っぽい読み。バンパイアだけは有名すぎるのと他と違い全世界共通レベルの存在になっているからヴァンピールなどとはされずにバンパイア表記になっている、ということかと。

[-]No: 48 2016/09/04 (日) 12:14:54 ID: 3bIdIwhKSM 編集

ヴァンパイア関係は舞台が東欧なのが多いのも理由かもしれない。ルーマニアやオーストリアの言語はよく知らないけど

[-]No: 41 2016/08/13 (土) 15:36:29 ID: s7faII7sao 編集

デッドウォーロードヘルパイロンがいるとどえらいことになる

[-]No: 43 2016/08/19 (金) 11:07:17 ID: WX4C2nv7cu 編集

そして飛んでくるターンウォール。無情である。

[-]No: 42 2016/08/16 (火) 14:59:53 ID: QMQ8ZOL8N9 編集

スペシャルで出たときは強いと思った

[-]No: 44 2016/08/29 (月) 14:54:43 ID: zfxGqxDGHA 編集

配置制限の有無や先制を鑑みてもトウテツの方が良かった 不屈もないしちょっと育つのが遅すぎ

[-]No: 45 2016/08/29 (月) 15:26:59 ID: YaGf27qgG1 編集

どちらかというと踏まれても安易に攻めさせない抑止力の能力なのかなと思ったり。あとカッコいい。

[-]No: 49 2016/09/08 (木) 10:05:34 ID: gY7oeIxEfA 編集

血を吸ってパワーアップする吸血鬼。でもWRYYYYYとか言ったり時間を止めたりはできない模様

[-]No: 50 2016/10/04 (火) 12:00:00 ID: Bp8COQuryX 編集

2回成長しても地変できるヨルムンガンドに及ばず悲しい

2016/10/04 (火) 12:00:34 編集済み ID:Bp8COQuryX
[-]No: 51 2016/12/01 (木) 00:36:44 ID: zUkdr_Q5Sq 編集

使ってみると他のもっと便利な能力ある奴がよくなって結局外してしまう 折角カッコイイからもう少しパンチが欲しかったな。水制限でいいからHP吸収あってもよかった

[-]No: 52 2016/12/12 (月) 17:51:20 ID: u3f2JGmRJp 編集

成長させてもターンウォールやらカワヒメやらシュリンクシジル不屈でチビにされる、防魔で守ろうにも移動侵略したら消える、世界呪いで補助しようにもそこまでして成長させても見返り薄い。 イラストはカッコいいって人気だけど自分は嫌いだから一生ブックに入れないかも。

[-]No: 53 2016/12/12 (月) 19:58:40 ID: 9-ymQovrSQ 編集

イラストよりマップでのミニキャラがカッコいいんだよなぁ

[-]No: 54 2016/12/13 (火) 16:06:57 ID: DUg8Xs_s5q 編集

だな。

[-]No: 55 2017/01/09 (月) 15:42:34 ID: vseZkVQda- 編集

今日夢の中でこいつ2体に吹き矢で攻撃されるも華麗に回避したことを思い出した。彼らは老婆に扮していた。

[-]No: 56 2017/01/09 (月) 16:17:19 ID: ZaKl5al3Qo 編集

ドゥームデボラーさん出番ですよ

[-]No: 57 2017/01/29 (日) 16:47:41 ID: jV2jAspkuL 編集

こいつシコシコ育ててたら負ける。絶対に負ける

[-]No: 58 2017/02/07 (火) 05:13:41 ID: fwEsqZ2e1m 編集

与えたダメージ分戦闘中HP増加してたらまたちょっと違ったんだけど 十分強いからいいかな

[-]No: 59 2017/02/07 (火) 13:07:24 ID: jYyWZ8smIf 編集

HP吸収は欲しかったなあ。あるとないとで先制の防衛力がかなり違う

[-]No: 60 2017/02/16 (木) 22:05:29 ID: 0DATnXxUOd 編集

おそらく吸血鬼としての能力と暗殺者としての能力をそのまま反映したらHP吸収先制即死っていう恐ろしいクリーチャーになってたはず。

[-]No: 61 2017/02/16 (木) 22:18:46 ID: WsgYMZl_bc 編集

前確かアサシンってクリいたよな 土地奪わずに殺して自分も消えるデスリーチみたいなやつ

[-]No: 62 2017/02/16 (木) 23:07:30 ID: 1Xyhjj9AYo 編集

もはや暗殺じゃない自爆テロ

[-]No: 63 2017/03/24 (金) 03:02:06 ID: odysGS8PD6 編集

80/80まで育ててぜってー死なねぇwwwって思ってたらどこぞのドラゴンキラーに殺された

[-]No: 64 2017/03/24 (金) 10:01:48 ID: iScpb-Z4EQ 編集

今作高MHPでも比較的どうにかなったりするよね。そのくらいのサイズだったらバハムートアングリーマスクで突破したことがあるわ。

[-]No: 65 2017/03/24 (金) 10:43:41 ID: a3liA2-mD6 編集

今回頑張って育てても能力が先制だけじゃどうにもならないのが中々…こいつメインならある程度まで育ったらボーテックスかなんかかけた方がいいな

[-]No: 66 2017/07/27 (木) 04:01:36 ID: BPG2HyRSsD 編集

名脇役。主役にはなれないがブーメラン所持で踏めたとき強みが出る

2017/07/27 (木) 04:01:52 編集済み ID:BPG2HyRSsD
[-]No: 67 2017/07/27 (木) 12:59:05 ID: EGen1PzeiQ 編集

ボーパルソードに出てくる伝説の白き騎士ってナイトじゃなくてこれになったんじゃないの?先制持ってるし、ほら、見た目がさ、白いじゃん?

[-]No: 68 2017/07/27 (木) 17:46:13 ID: DLEeq3zebF 編集

白は白でも青白いぞ…

[-]No: 69 2017/07/27 (木) 22:38:23 ID: mqHSroN8Co 編集

むしろ白いしか共通点がねえ!

[-]No: 70 2017/09/02 (土) 01:10:03 ID: 2Vtz4IM1un 編集

一回の成長でガーゴイルと同等になるけどガーゴイルは配置したい、こっちは手札から侵略を成功させたいという風に用途は明確に異なる

[-]No: 71 2019/02/07 (木) 06:17:38 ID: bh6EiTfGqR 編集

ガーゴイルとの差別化でアイテムクリーチャー挙げるのは要らないと思う。挙げるなら侵略時も高STを保てるところでいいのでは。
差別化として挙げるとしても説明が薄いので解りにくい。ガーゴイルのST置換でアイテムクリーチャーのST上昇が上書きされるってことでいいのかな?
それは単にガーゴイルでリビング使うときの注意点として、向こうのページに書いておけばいいことなんじゃないだろうか。
該当するのはリビングアムルリビングヘルムのST20上昇だけ。こいつもガーゴイルもアイテム制限がないから防衛をリビングに頼る必要もない。差別化として挙げるにはレアケース過ぎると思う。

2019/02/07 (木) 06:25:12 編集済み ID:bh6EiTfGqR
[-]No: 72 2019/02/07 (木) 18:05:02 ID: OFfbEVd9vY 編集

まずアイテムクリーチャーリビングボムでもST上がるので3種類 と言うのはまあ置いておいて。 「侵略時も高STを保てる」と言うのは?ガーゴイルのSTを上げた場合でも侵略時には強化後のSTで殴りに行けるので、その点を比較するならむしろ「防衛時も強化したSTを保てる」と言うべきだと思うよ。 今回アイテムクリーチャーの例を挙げたのは、単純に地の先制枠としての差別化点がそれくらいしかないから。 「強化能力もあるのでブルドーザーを目指す」(その作戦が現実的かはさて置き)と言う明確な目標を立てた場合、コスト差はあっても2回強化済み相当+地変のヨルムンガンドの方が効率に勝るし、単純に転がしておくだけならガーゴイルの方が元のステータスに勝るのでそもそもコイツを採用する理由がなくなる。 その辺りの事情を鑑みた際に、特別な目的の設定や立ち回りをしない場合でも、同時にブックに入り得るアイテムクリーチャー(リビングアムルなど)でガーゴイルとは違う選択肢が取り得る と言うのが、ベースとして存在するステータス強化に加えての差別化点だと考えた次第。自分自身でも双方アイテム制限がないと言ってしまってるけど、そこに違いがないからこそ、別の部分を差別化の要素に挙げてるんだよ。 恐らく、貴方の中に基本的にガーゴイルで良いじゃないかと言う考えが前提にあるので今回のような反応になってるんだと思うし、それ自体は間違っていないと思うけれど、その中でも普段あまり意識されない部分に気が付いて欲しかったので、こっちのクリーチャーの項目に記述したまでだよ。

[-]No: 73 2019/02/07 (木) 21:13:33 ID: Po2tDsLdG0 編集

横から。よりよい表現を一緒に考える元気がないので言い逃げするね。原文から、一回の成長ではガーゴイルと互角、この表現を消した上でガーゴイルとの比較をするの賛成。成長効果が削り侵略への抑止力になる旨消したの反対。ガーゴイルとの比較がアイテムクリーチャー使用時では例示として狭いという71の意見賛成。ブルドーザーにはヨルムンガンドの方が効率的という考え方(に基づいた改稿をするのは)反対。

[-]No: 74 71 2019/02/08 (金) 22:47:19 ID: F7EKH9439X 編集

あ、ボムもいたね。失礼。
でも、どうしても「単純に地の先制枠としての差別化点がそれくらいしかない」は正しいと思えない
①「侵略時も高STを保てる」と言うのは?
これは単純に侵略時はダスクの方がSTが高いということ。ダスクは素でもST40、1回でも成長してればST50。侵略時にST30のガーゴイルとは侵略力に差がある
②「強化能力もあるのでブルドーザーを目指す」と言う明確な目標を立てた場合
ブルドーザーまでしなくてもたまたま隣あった雑魚クリを食べて成長ということは起こり得る。また、その可能性を相手に提示できるのがガーゴイルにはない特徴のひとつ
ヨルムンガンドの方が効率に勝る
ブルドーザー作戦ではヨルムンガンドに劣るからそもそも侵略力の差は差別化にならないという理論を放り込むと「ガーゴイルとの比較」から逸脱してしまう
④双方アイテム制限がない
アイテム制限がないからこそ先制による防衛をわざわざリビングに頼る必要がないのでレアケースと評しました
⑤基本的にガーゴイルで良いじゃないかと言う考えが~
逆です。防衛時の能力だけで比較されがちな2体だけど侵略時と盤面上で周りのクリーチャーに与えるプレッシャーも違いますし、防衛時能力だけで評価する必要はないと思う
⑥普段あまり意識されない部分に気が付いて欲しかった
ダスクを使用するときには意識する必要がないことなので書くならやはりガーゴイルの方が適切ではないかな

そして、何よりまず「説明が薄いので解りにくい」ということを一番主張したい。
ヨルムンガンドがいるから侵略メインのブックでは採用する理由なし→侵略については考える必要なし」、「一回成長させても防衛はガーゴイルと互角→否、ガーゴイルにはリビングでST補強できない弱点がある」これらをサイレントで前提に置いて「差別化点はアイテムクリーチャーの活用」と結論付けるのは無理があると思う

[-]No: 75 2019/02/09 (土) 02:12:40 ID: XfN1sbLvl7 編集

昨日は急いで書いたので、色々といらん付帯事項を入れてしまったけれど 基本的に自分の編集の動機となったのは、貴方の番号で言うなら④・⑥辺り。 例えばブック編集に際して、幾つか共通点のあるクリーチャーの中からどれを選ぶのか と言う場面で、 先にリビングアムルが2枚ブックに入っていたとする。その時に先制クリーチャーをガーゴイルかこれのどちらかを選択すると仮定して 「リビングアムルの併用でMHP60域を迎撃したい」と言う理由でこちらを選択するのは、全くあり得ない・考えてはいけない事項なのかな。 勿論ガーゴイルを選んだ上で、別途武器なりSTの上昇が見込めるアイテムを利用する事も可能ではある(貴方の言う「リビングが必要がない」方面に寄せる行為)けれど、 それは「迎撃を意図する場合、リビングを別のアイテムに置き換える」か「リビングが手札にある時にMHP60域を迎撃できていた可能性を捨てる」のどちらかが必要になる。 要するに、あるブックに対する、特定のリビングクリーチャーの需要確保とアイテムバランスの維持、先制クリーチャーによる目的達成を両立できなくなる。 特定の必要に必要に迫られたケースに対する豆知識として書いている側面があるので「出来ない側」ではなく「出来る側」に書いた次第。

[-]No: 76 2019/02/09 (土) 08:30:20 ID: Ywa1iwjZqk 編集

考えてはいけないとは勿論言わないし、その部分でしか差がないと"あなたが"考えるのは別にいいんだけど、その途中にある理論を読み手が共有している前提で概要に反映するのは違うんじゃないかな?
それが唯一で一番の差であるような書き方は適切ではないと思うよ。
援護効果でSTが上がることは基本的なルールで、処理順の関係でそれができないという注意点をガーゴイルに書くのが筋だと思う。なぜガーゴイルと比較されるのがダスクだけと仮定するのか。
侵略時のSTの違いと侵略や先制防衛による成長メリットの方が差別化要素として優先だと思うが。
リビングアムルがなかったらダスクを採用する理由がないかと言ったらそうではないわけで。

[-]No: 77 2019/02/09 (土) 10:47:57 ID: bk3KbzJpCQ 編集

アイテムクリーチャー活用しなくてもガーゴイルとは性質が大分違う。侵略寄りなのがこいつで、防衛寄りなのがガーゴイル。重い代わりにそのどちらも高次元でこなせるのがヨルムンガンド

[-]No: 78 2019/02/09 (土) 23:37:17 ID: Ani53yg-Dt 編集

とりあえず直近の意見を全部乗せしてみた(つもり)だけど、どうかな?変なとこがあったら変えてくれ、みんな幸せになあれ

入力アシスタント機能にはJavaScriptが必要です
 
オプション

このページのタグ一覧 タグ編集 タグ検索
登録済みタグはありません