2つずつの [[ と ]] (角括弧)で囲んだ範囲はリンクとして扱われます。
リンク、別名アンカーとは、特定のページ、特定のURL、ページ内の特定の位置へ移動するための案内表示のようなものです。


基本†部分編集

[[ トップページ ]]
[[ http://cwiki.lames.jp/ ]]

[[ と ]] で囲まれた範囲が HTTP / HTTPS / FTP / FTPS / IRC のいずれかのURL形式であった場合はそのURLに対する、そうでない場合はその名前のページに対するwiki内の、リンクが生成されます。

URLに対するリンクであった場合、外部サイトである場合には out マークが付され、また同時にリンク先のURLがクッション用のURLになります。実際に見てみた方が速いでしょう。こんな風になります https://ja.wikipedia.org/  

wiki内のページに対するリンクであった場合、そのページ名を持つページが存在していれば通常のリンクが、存在していない場合には通常と違い赤文字のリンクが生成されます。こんな風になります 存在していないページ
ページが存在しているかどうかは、wikiのキャッシュ機能が無効になっている場合はページ表示時に毎回確認されます。有効になっている場合にはページを保存したりコメントを書き込んだ時点にのみ確認され、その後にリンク対象のページが作成されたりあるいは削除されたりしても、その結果はリンクには反映されず、反映させるためにはリンクが記述されたページ・コメントを編集する、上部メニューからページのキャッシュを削除する、あるいは初期状態では1日1回のwiki自動更新プログラムの実行を待つしかありません。キャッシュ機能は初期状態では有効になっています。

リンク対象の先頭および末尾の半角スペースは自動的に除去されます。
先頭および末尾の半角スペースを持つリンク先を記述したい場合は、URLエンコーディングにより + あるいは %20 に変換して記述して下さい。

出力されるHTMLとしては、<a>タグになります。


別名リンク†部分編集

[[ 表紙 > トップページ ]]
[[ ウィキペディア > http://cwiki.lames.jp/ ]]

このように [[ ]] 内に > (大なり記号)で分けられた2つの文章・URLを記述すると、> の左側が表示名に、> の右側がリンク先になります。こんな風に 表紙 ウィキペディア
外部リンクであった場合やwiki内ページの存否については通常の [[ ]] リンク構文と同様です。


ページ内リンク†部分編集

[[ #基本 ]]
[[ 基本の見出し > 書き方/wiki基本構文/10.リンク#基本 ]]
[[ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E#.E6.96.87.E3.81.AE.E6.88.90.E5.88.86 ]]

このように、[[ ]] 内にリンク先として # (番号記号)で始まる、あるいは # を含む文章ないしURLを記述すると、 # 以降の文字はページ内リンクとして処理されます。「ページの一番上へ」リンクのようなものです。
cWikiでは全ての見出しは [#id] 形式で指定された文字列と見出し名そのものの2つのIDを持っています。縦に長いページに対してリンクを張るときはページ内リンクを用いると利用者にとって便利かもしれません。


IRCのURLって見たこと無いんだけど?†部分編集

irc:// server / channel

みたいな形式で記述できるURLらしいです。
おそらく9割9分の利用者はみたことないと思います。

IRCチャットクライアントを内蔵しているブラウザを使用していると、この形式のURLを選択すると自動的にチャットクライアントが起動したりするようです。標準で対応しているブラウザとして有名なのがfirefoxだとか。


このページのタグ一覧 タグ編集 タグ検索
登録済みタグはありません