書式: #include( ページ名 )

#include プラグインを記述した場所に、ページ名に指定したページの内容を挿入します。
ページ名に指定したページが#include プラグインを使用していた場合、#include プラグインが連鎖的に機能します。

サーバ処理負荷増大および無限ループの防止のため、呼び出し元のページは呼び出せず、また1度に呼び出せるページは5ページまでという制限があります。


なお 一行プラグイン #include は実行時プラグインです。
他ページの存在確認および他ページの呼び出しは呼び出し元のページの表示ごとに行われます。呼び出し対象のページがキャッシュを持っている場合はキャッシュを読み込みます。


このページのタグ一覧 タグ編集 タグ検索
実行時プラグイン